スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


日本の心支える川口 ここ一番の強さと経験注入する主将 サッカーW杯(産経新聞)

 サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会がいよいよ開幕する。直前まで不振が続いた日本代表にとって必要なのは「精神的支柱」。岡田武史監督から「キャプテンシーを発揮してほしい」と招集された“第3のGK”でチームキャプテンの川口能活(よしかつ)(34)の真価の見せどころだ。「日本代表に勢いを」。恩師らは川口のリーダーシップに期待をふくらませている。(高久清史)

 代表が発表されてから数日後の5月中旬、川口は母校、清水商(静岡市清水区)近くのすし店にいた。元代表の名波浩(37)、代表からもれた清水エスパルスの小野伸二(30)ら同校のOB、そして恩師である同校サッカー部の大滝雅良監督(58)が一緒だった。

 「伸二の残念会と、能活の激励会をやろう」

 大滝監督の一言で実現したのだ。

 「僕は選ばれてもいいんでしょうか」

 激励会の終わり間際、川口はこっそりと大滝監督に相談した。大滝監督は即答した。

 「ただうまい、ただ強いで選手の評価が決まるわけではない。みんながガムシャラに戦うだけじゃだめなんだ。能活が必要なんだ。胸を張れ」

 川口は「はい」と恩師の言葉にうなずいたという。

 昨年9月のJリーグの試合で右脛骨(けいこつ)折の大けがをして以降、川口は一度も公式戦に出場していない。約2カ月間の入院生活で足はやせ細ったが、リハビリに付き添ったジュビロ磐田のトレーナー、阿部貴弘さん(32)は「いつも『もっと(ハードな練習を)できるんじゃないか』と言っていた。あの精神力、意欲はすごい」と振り返る。

 川口は苦しみながらも、ピッチの外からチームメートを支えた。「チームが不振のとき、いろいろな選手が川口さんに近づき、『こうした方がよかったですか?』と試合のことを相談した」。阿部さんは川口のことを「チームから一目置かれる存在」と表現する。

 「チームキャプテン」の役割とは何か。スポーツジャーナリストの二宮清純氏は「精神的な支柱になること」と指摘した。その上で、「川口はアトランタ五輪(1996年)のブラジル戦で勝利の立役者となり、フランス大会からW杯代表に選ばれ続けた経験力がある」と評価。過去に欧州のチームに移籍したが出場機会に恵まれなかった経験や、今回の大けがを挙げ、「挫折も味わい、苦しい状況で何を考えるべきかを知っている。若い選手をしかり、ほめて、精神面をケアしてほしい」と語った。

 大滝監督は「川口には精神的な包容力と、ここ一番の強さがあった。W杯で接着剤となって若い人をまとめてほしい。チームがまとまって勢いがついたとき、勝つチャンスが生まれる」と期待をこめる。

 阿部さんも「奇跡を起こし続けた人。今回も何かやってくれる」と確信している。

W杯サッカー今夜開幕 ひしめく貧困「これが現実」(産経新聞)
南アW杯 ライオンはどこの国…神戸でオリジナルカクテル(毎日新聞)
新型インフル 「毒性に応じ対策を」 総括会議が報告書(産経新聞)
<地域主権改革>戦略大綱、決定先送りへ(毎日新聞)
「広報専門官」にホテルウーマン=市政の発信力アップ目指す―神戸市(時事通信)

福島氏に辞任促す=北沢防衛相(時事通信)

 北沢俊美防衛相は28日午前の閣議後の記者会見で、米軍普天間飛行場移設問題で政府対処方針への署名拒否の姿勢を示している福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)について「閣内にとどまって反対することは内閣の存立を脅かす」と述べ、日米共同文書への県内移設明記に同意できないなら閣僚を辞任するよう促した。
 防衛相は「署名を拒否するということは首相に対する不信の表れになる。その前に自らの立場を明らかにする方が政治家として当然(の姿)だ」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜

日中韓首脳会談 共同記者会見の要旨(産経新聞)
普天間対応、連立の是非協議=社民が緊急両院懇(時事通信)
入店直後、最短距離の男性襲う 大阪のパチンコ店刺殺(産経新聞)
ブラッドサースティー・ブッチャーズ、23年目の最高傑作『NO ALBUM 無題』、その裏側の葛藤とは?
「処分の牛、鳴き声つらい」宮崎県が心のケア(読売新聞)

<酒気帯び事故>落ちたナンバープレートから…64歳容疑者を逮捕(毎日新聞)

 宮崎南署は23日、宮崎市田野乙、自称・電化製品販売業、六反敬治容疑者(64)を道交法違反(酒気帯び運転、事故不申告)容疑で逮捕した。乗用車で接触事故を起こしてそのまま逃げたが、現場に落ちていたナンバープレートが身元割り出しの決め手になった。

 逮捕容疑は、22日午後11時50分ごろ、同市花山手東1の国道269号で運転中、左車線を走っていた男性(39)運転の軽乗用車に接触し、そのまま逃げたとしている。「市内の居酒屋などで酒を飲んで運転していた。ばれるのが怖かった」と供述しているという。

 接触後、車はスピンして道路脇の縁石に乗り上げ、その際、ナンバープレートが外れたらしい。【古田健治】

複製DVDを無許可販売で福井新聞記者を逮捕 福井県警(産経新聞)
鳩山首相、参院選は「まだ先の話だと思う」(産経新聞)
「あっという間」と野口さん=6月2日、宇宙基地から帰還(時事通信)
<ボクシング>王座奪還目指す…長谷川が表明 バンタム級(毎日新聞)
長崎で原爆死没者名簿風通し(産経新聞)

「宇宙大豆」再打ち上げも=紛失被害の企業、9月に(時事通信)

 国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」で保管されていた大豆などの種子が紛失した問題で、企業などから種子を預かった科学教育ベンチャー企業「リバネス」(東京都新宿区)は18日、記者会見し、見つからない場合は9月打ち上げ予定の米スペースシャトルに搭載する方針を明らかにした。費用の負担割合などは、宇宙航空研究開発機構と協議するという。
 ISSには現在、今月15日に打ち上げられたシャトルがドッキング中で、リバネス社の別の種子が搬入されている。米航空宇宙局(NASA)は地上に加えISS内でも紛失した種子の捜索を続けているが、同社はシャトルがISSから離れる24日以降に結論を出すという。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕金星探査機「あかつき」
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
金星探査機21日打ち上げ=H2A延期で

消費増税明記に否定的=小沢氏「第一は無駄削減」―参院選公約(時事通信)
DV夫が裁判所内で弁護士殴る(スポーツ報知)
<みんなの党>民主からくら替え出馬 参院選宮城(毎日新聞)
横浜、1万1415世帯が停電…人的被害なし(読売新聞)
米政府、くい打ち方式を正式拒否 「ミサイル攻撃に弱い」 日本政府案振り出しに(産経新聞)

日本創新党の基本政策 集団的自衛権行使を容認(産経新聞)

 日本創新党は7日、基本政策を発表した。外交・防衛政策では憲法解釈見直しによる集団的自衛権行使の容認、税制では消費税を社会福祉目的税化して段階的に10%を上限として引き上げることや法人税、所得税の国際水準以下への引き下げを打ち出した。

 5年以内に国会議員を半減、国家公務員を3分の1に削減し、地方公務員人件費は3割減にする。道州制を導入し中央政府は外交・安保などに専念させる。日本の歴史、伝統を踏まえつつ、新しい時代の要請に応える「新しい憲法」の制定を目指す。義務教育を充実させ、少人数学級による基礎教育の徹底、道徳・歴史教育の充実を掲げた。

【関連記事】
日本創新党、来週にも参院選候補発表 「橋本大二郎氏と連携したい」
首相指導力「評価しない」9割 新党に冷たい視線「第三極」へ団結なるか
憲法施行63年 中国の脅威増大に対処を 集団的自衛権で同盟立て直せ
自民党崩壊の始まり?保守再生へ大胆な提案
「もはや日本は極ではない」 鳩山内閣は日米同盟を守れるのか
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<横須賀男性遺体>死亡後にカード 複数回使われる(毎日新聞)
谷亮子氏 参院選擁立 小沢氏「100万の味方得たよう」(毎日新聞)
郵政見直し、限度額引き上げ理解できぬ 地方議員(産経新聞)
<ニュース1週間>普天間移設、首相「県外」断念表明/石川遼、ツアー新の58で逆転V(毎日新聞)
ナトリウム加圧ガスが低温=もんじゅで警報、試験に影響なし(時事通信)

舛添氏「青木氏の権力の源泉はポスト配分」(産経新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相が今月25日に出版する「厚生労働省戦記」(中央公論新社)で、「参院のドン」といわれた同党の青木幹雄前参院議員会長を批判していることが20日、わかった。昨年9月の総裁選など節目節目で相談を欠かさない良好な関係を築いてきた青木氏への「決別宣言」とも取られる。

 著書では、参院議員への閣僚配分に青木氏が多大な影響力を行使し、「参院における権力の源泉だった」と強調。「青木氏に従っておれば、いかに無能であっても必ず大臣になれるというのが、青木神話を作る大きな要因であった」としている。

 また、「総裁選に立候補する者は政策を掲げて戦う。その結果、選出されれば、その候補の政策が党の政策となるのは当然だ」と“ポスト谷垣”を意識した表現もある。

 著書は、月刊誌「中央公論」に寄稿した連載を加筆した。

【関連記事】
舛添前厚労相「新党と総裁どちらも視野」
首長新党 流れ変える勢力の結集を
舛添氏、東国原知事と会談も“ピリピリムード”で取材拒否
与謝野氏除名の可能性 谷垣氏、舛添氏への批判も
「八方ふさがり」の舛添氏 人気者との連携に活路を求めたが…
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

仙谷氏の「同日選」発言に閣僚ら非難(産経新聞)
こち亀 23歳男が自首 両さんの銅像破壊(毎日新聞)
仕分け第2弾、47独法を選定(産経新聞)
防犯ネットワーク整備を指示=大学生ボランティア活用も−警察庁(時事通信)
万引き見過ごすな…被害の全通報、警察庁が通達(読売新聞)

地上、ヘリ両部隊は「65カイリ以内」に=米側が要求−普天間移設(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の新たな移設先について、米側が日本政府に対し、海兵隊の地上部隊とヘリ部隊の駐留場所の距離は「65カイリ(約120キロメートル)以内」とするよう求めていることが分かった。政府高官が21日、明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

春の高山祭 小雪の舞う中で開幕 屋台12台が登場(毎日新聞)
「ママ、赤いシャボン玉だ! 」=ジュースで作成、夢かなう−山崎さん長女優希ちゃん(時事通信)
41年ぶり、都心で最も遅い降雪=低気圧と強い寒気が影響(時事通信)
医薬品ネット販売訴訟で原告側が控訴(医療介護CBニュース)
領土問題「逃げるつもりない」=ロ大統領、鳩山首相に強調(時事通信)

日本本土初空襲 忘れず語り継ぐ…東京荒川区・尾久の住民(毎日新聞)

 太平洋戦争初期の1942年4月18日に、米軍による初めての日本本土空襲(ドゥーリトル空襲)を受けた東京都荒川区の尾久地区の住民が、初空襲の事実を語り継ぐ活動に取り組んでいる。被災者や目撃者を探すなど検証を進め、18日に区内の首都大学東京荒川キャンパスで「尾久初空襲を忘れないコンサート」を開く。当時の報道管制の中で伏せられた「戦争の真実」を掘り起こし若い世代に伝えていきたいという。【山田奈緒】

 ◇68年経て18日にコンサート

 尾久地区では空襲で約10人が死亡、数十人が負傷したとされる。だが、当時の新聞では「九機を撃墜撃退す」などと短く報じられただけで、軍部が空襲被害の事実を隠そうとしていたことがうかがえる。今でも被害の実態はよく知られていない。

 コンサート実行委員会委員長の田村正彦さん(74)は戦前から尾久地区に住み、初空襲に遭った。当時小学1年生で、爆風で自宅の床板がはがれて飛び、家全体が傾いてしまったことを覚えている。

 「初空襲が忘れ去られないように」と08年末ごろ、近所の人たちと一緒に当時を知る住民からの聞き取りなどを始めた。体験者は既に亡くなっている場合が多く、実態調査は難航した。「東京大空襲は覚えているが、初空襲は覚えていない」「『爆弾が落ちた跡地を見に行くな』と親に言われた」との証言も。

 「米軍に初めて攻撃されたことは、当時は不名誉とされていた。地域のタブーのようで、これまで語り継がれる機会は少なかった」と田村さん。それでも地道に聞き取りを進めるうちに、少しずつ証言が集まった。尾久地区から約2キロに自宅があった住民からは「米軍の爆撃機から、バラバラと爆弾が尾久の方に落ちていくのを見た」という生々しい目撃証言も得られた。

 田村さんは「地元の力で空襲の事実と平和の尊さを語り継ごうという思いは徐々に広がった。身近な歴史を見つめ直すことで、広く平和を考えるようになってほしい」と話す。

 18日のコンサートでは田村さんらが戦争体験を語るほか、地元中学校の吹奏楽部が演奏する。午後1時半から。入場無料。問い合わせは田村さん方(03・3810・0800)まで。

 ◇ドゥーリトル空襲◇

 1941年12月8日に真珠湾攻撃を受けた米軍が、反撃として日本本土を初爆撃した空襲。指揮官はドゥーリトル中佐。42年4月18日、空母から飛び立ったB25爆撃機16機が東京、川崎、名古屋、神戸などを襲った。米軍による日本本土への爆撃に道を開いたとされる。

【関連ニュース】
遺骨:DNA鑑定で元日本兵の身元確認 大阪出身・井上さん−−ニューギニア
探検録:土崎空襲・爆撃目標の日石秋田製油所(その1) /秋田
城北大空襲:4・13小さな追悼会 「根津山」の南池袋公園で /東京
川村吾蔵記念館:佐久市出身の彫刻家顕彰、五稜郭公園に完成 /長野
戦没者追悼式:柳井で戦没者しのび /山口

浅田選手ら招き春の園遊会(時事通信)
上越新幹線、高崎―新潟駅間で一時運転見合わせ(読売新聞)
<殺人>長男が家族5人刺す 父親と乳児死亡 愛知県豊川市(毎日新聞)
<両親殺傷>容疑で無職の23歳男逮捕 北海道・北見(毎日新聞)
<明石歩道橋事故>元副署長を20日に起訴(毎日新聞)

4都県警と鉄道会社連携=15日から痴漢対策強化期間−警察庁(時事通信)

 警察庁は8日、警視庁と埼玉、千葉、神奈川各県警が15日から7日間、JR東日本や東京メトロなど16事業者と連携し、電車内での痴漢対策を強化すると発表した。被害が多発する路線に計約120人の警察官が乗り込んで摘発に力を入れるほか、共同作製したポスターを掲示して啓発に努める。
 警察庁によると、全国の電車内での強制わいせつ事件は2004年以降減少傾向にある。昨年は340件で、このうち約8割は4都県で認知された。
 各警察では期間中、鉄道警察隊員などが被害多発時間帯に電車内での摘発を強化するほか、乗降客が多い駅で重点的に警戒に当たる。駅構内に被害相談コーナーを設置し、新社会人らを対象とした痴漢被害防止教室も開く。 

長官銃撃事件の検証開始=問題点洗い出しへ−警視庁(時事通信)
<春の交通安全運動>交差点は気を付けて(毎日新聞)
子ども手当受給の外国人、22年度中に把握(産経新聞)
ケイト・ウィンスレットとサム・メンデス監督が離婚へ
<車転落>百貨店4階から、男性2人心肺停止 大阪・八尾(毎日新聞)

米寿祝いの宴会費ひったくり=67万円入りバッグ−名古屋(時事通信)

 6日午前11時25分ごろ、名古屋市瑞穂区陽明町の歩道で、「女性がバッグをひったくられた」と、通りがかりの宅配業者から110番があった。同市中村区の無職女性(87)に、後方から自転車かオートバイで近づいた男が現金約67万7000円などが入った手提げバッグを奪って逃走したといい、愛知県警瑞穂署は窃盗容疑で男の行方を追っている。
 同署によると、現金は女性が前日に現場近くの料理店で開いた自身の米寿祝いの宴会費で、店に支払いに行く途中だった。逃げた男は灰色の上着に黒っぽいズボン姿だったという。 

【関連ニュース】
貴金属店窃盗、男を再逮捕=大阪市内で1500万円相当
防犯完備の高級住宅狙い空き巣=容疑の韓国人2人逮捕
万引きで大阪市職員逮捕=09年度だけで20人目
殺害女性のおいを逮捕=カードで現金、窃盗容疑
竪山容疑者を追起訴=女性への強盗致傷、窃盗で

車内のライター、回収し忘れか=父「あったかも」−4児死亡火災・北海道(時事通信)
自民から参院選出馬カリスマ作家  「2ちゃんねる」に殺害予告(J-CASTニュース)
闇サイトに「ネットハンター」=潜入捜査、違法行為を摘発−専従班設置へ・警視庁(時事通信)
公明・神崎元代表、議員辞職・政界引退を表明(読売新聞)
ボンネットに男性乗せて走行 殺人未遂で男を逮捕(産経新聞)

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
ネットビジネス
携帯ホームページ
競馬情報
審査 甘い キャッシング
サイドビジネス
パチンコ攻略
selected entries
archives
recent comment
  • 日本の心支える川口 ここ一番の強さと経験注入する主将 サッカーW杯(産経新聞)
    みっくみく (08/29)
  • 日本の心支える川口 ここ一番の強さと経験注入する主将 サッカーW杯(産経新聞)
    ばいきんまん (06/14)
  • 日本の心支える川口 ここ一番の強さと経験注入する主将 サッカーW杯(産経新聞)
    桃医 (01/12)
  • 日本の心支える川口 ここ一番の強さと経験注入する主将 サッカーW杯(産経新聞)
    タンやオ (12/29)
  • 日本の心支える川口 ここ一番の強さと経験注入する主将 サッカーW杯(産経新聞)
    リョータ (12/25)
  • 日本の心支える川口 ここ一番の強さと経験注入する主将 サッカーW杯(産経新聞)
    モグモグ (12/17)
  • 日本の心支える川口 ここ一番の強さと経験注入する主将 サッカーW杯(産経新聞)
    夜沢課長 (12/08)
  • 日本の心支える川口 ここ一番の強さと経験注入する主将 サッカーW杯(産経新聞)
    ちんたまん (12/04)
  • 日本の心支える川口 ここ一番の強さと経験注入する主将 サッカーW杯(産経新聞)
    さもはん (11/25)
  • 日本の心支える川口 ここ一番の強さと経験注入する主将 サッカーW杯(産経新聞)
    XXまるおXX (11/22)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM